スーパーカマグラの主要成分クエン酸シルデナフィル

私は糖尿病が原因で勃起不全を患ったのですが、このクエン酸シルデナフィルの効果を発揮し、悩みを解消してくれます。

しかし、もともとはアメリカのファーザー社がバイアグラの主要成分として開発しました。ファイザー社は日本にも子会社がありますが、創業は120年以上で南北戦争時の北軍の医療品のほとんどがファイザー製薬だったそうで、それほど伝統的な薬の会社なんですね。

このような大手の会社が開発したのがバイアグラとは知りませんでした。
なおかつ、こちらの会社ではバイアグラの他に、禁煙補助薬の「チャンピックス」や睡眠薬の「ハルシオン」、抗うつ薬の「ジェイゾロフト」などを世界的に有名な薬を販売しております。

ただ、クエン酸シルデナフィルは勃起不全治療薬として最初に開発されたわけではなく、心臓病や狭心症の薬として研究、開発をしている時に、治療効果の中で勃起不全の原因である酵素や血液の循環に対して作用することがわかり、そこで開発されたのがバイアグラになります。

このバイアグラの直接的なジェネリックではありませんが、同じ主要成分だるクエン酸シルデナフィルが含まれているのがスーパーカマグラになります。

国内ではクエン酸シルデナフィルは50mgが最高容量ですが、海外の場合は100mgまでなので、海外で製造されているスーパーカマグラのクエン酸シルデナフィルには100mgが含まれています。

私の場合は、用量は25mgで十分に効果を発揮するために、4分の1にカットしてから服用をするようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加